目次  | トップ | 学会発表の心得 | 植物生態学・環境 | プログラミング | プロフィール | その他 |

| おすすめページ | このページについて |

竹中明夫のページ

Creative commons 表示 4.0

最近の様子過去の「様子」 | 過去の写真 総目次

2018-11-10

サザンカの園芸品種が咲き、いろいろな虫が来ている (写真)。 オオスズメバチも (写真)。 刺激しないように注意して写真を撮る。

シラカシの樹上にムラサキシジミがいた (写真)。 しばらく粘ったら、翅を開いてくれた (写真)。 この青が好きだ。

ヤマウルシの紅葉 (写真)。

私の生き物写真が、いわゆるモテ期を迎えている。 使わせて欲しいという依頼をあちこちからいただく。 ありがたい限りことだ。 こんな素人写真でよいのかと思いつつ、よろこんで提供している。

2018-11-05

ネムノキの樹上にぶら下がっている莢(さや)(写真)。種子が散り、あちこちで芽を出す。

スマートEXで予約した東海道新幹線で、無事に名古屋に往復してきた。 新幹線の自動改札にSUICAをタッチすると、予約した座席などが印刷された利用票が出てくる。 目的地でもSUICAでタッチするだけ。なんと便利な。

2018-10-31

家の畑では、カブがゆっくりと育っている。30株あまりあるので、 全部がフルサイズになるのを待たずに、小さいうちから葉ごと味噌汁の具などにしている。 新鮮なカブの葉はやらかくておいしいが、収穫後はさっさと黄化してしまう、 家で作っていればこその楽しみだ、などということは前にも書いた気がして検索してみたら、 3回書いていた。一番最近は今年の5月だ。

日々、秋が深まる。 ムラサキシキブの実が色づいた (写真)。 ハシバミは来年の花序を準備している (写真)。 この株が花をつけたのを見るのは始めて。構内の草刈り時に刈らないでもらって数年たち、 ここまできた。 クロモジの冬芽は、とがっているのは葉芽で、両側の丸いのは花芽 (写真)。 ユリノキの実(写真)と冬芽 (写真)。 街路樹のユリノキは下枝をみな切ってしまうので近くで花や実を見られない。 この個体は緑地のすみっこに植えられたもので、低いところにも枝があり、こんな写真が撮れる。

ナツアカネ (写真)に アキアカネ (写真)。

週末はいろいろあってバタバタする。 はじめて スマートEX で新幹線の予約をした。SUICAで新幹線の改札を通れて、 運賃はクレジットカードにチャージされる。 心配性なので新しい挑戦はつねに緊張する。無事に乗れるか。

2018-10-29

ハナミズキの花芽(写真)。 半年後の用意ができている。 こちらは力強いトチノキの冬芽 (写真)。

ヌルデの紅葉 (写真)。 クロロフィルの分解の進み方や赤い色素合成が不均一で美しい。

種子島から無事にロケットが打ち上がり、温室効果ガス観測技術衛星が軌道に乗った。 打ち上げの様子をJAXAのネット中継で見た。ロケットの打ち上げを見ると、 1986年1月のチャレンジャーの事故を思い出す。このときは7人の乗員が死亡した。 人が乗っていない衛星の打ち上げは、命がかかっていない分、安心して見ていられる。 もちろん当事者は大変な緊張があるのだろうが。


過去の「様子」

※「様子」へのリンクは http://takenaka-akio.org/log/YYYY/MM.html#DD
例: 2003年9月16日なら …/log/2003/11.html#16

連絡先