目次  | トップ | 学会発表の心得 | 植物生態学・環境 | プログラミング | プロフィール | その他 |

| おすすめページ | このページについて |

竹中明夫のページ

Creative commons 表示 4.0

最近の様子過去の「様子」 | 過去の写真 総目次

2021-06-15

少し前の写真を何枚か。つくばの中心部周辺のあちこちに、廃止された公務員宿舎がある。すでに民間に売り渡され、更地にして マンションが建ったり宅地開発されたりしたところも多いが、まだ宿舎の建物がそのまま残っているもある。 針金で囲まれた敷地の中で、大きなビワの木がたわわに実をつけていた (写真)。 誰も食べられないまま落ちていくのはもったいない。カラスやヒヨドリが食べるだろうか。

キンバエの1種(写真)。メタリックな輝き。 シロテンハナムグリもメタリックだ (写真)。 ダルマノリウツギの花粉を食べている。

2021-06-11

玄関前のコアシナガバチの巣で、とうとう一期生たちが羽化した(写真)。 左のほうの全身が写っているのが女王バチ、それ以外が羽化した働きバチたち。お母さん同様、娘さんたちともぜひ平和に共存したい。

2021-06-10

庭のガクアジサイがよい感じで咲き始めた (写真)。 花序周辺の装飾花の萼が広がり、中央部の両性花はまだほとんど蕾で、 いくつかがぽつりぽつりと開いている (写真)。

庭の中でもずいぶんいろいろな発見がある。 派手なもようのガを見つけた。絶対図鑑でみたことあるなと思って調べたらすぐに発見。 ビロードハマキ(写真1写真2)。 前脚が一本ないようだ。

庭のダルマノリウツギ(ノリウツギの矮性品種)の花序にいた、 ハラビロカマキリの幼虫(写真)。 花にくる虫を期待して待ち伏せしているのだろう。

これで飛べるのかと不思議になるトリバガの1種、ヒルガオトリバが交尾していた (写真)。 つながった状態でぱたぱた飛んできて、レンガに止まった。

しだいに周囲でワクチンを打ったという話を聞くようになった。


過去の「様子」

※「様子」へのリンクは http://takenaka-akio.org/log/YYYY/MM.html#DD
例: 2003年9月16日なら …/log/2003/11.html#16

連絡先


本サイトのすべての内容に、クリエイティブ・コモンズのCC BY (どのような利用も自由、適切なクレジットの表示のみを求める)を設定します。