目次  | トップ | 学会発表の心得 | 植物生態学・環境 | プログラミング | プロフィール | その他 |

| おすすめページ | このページについて |

竹中明夫のページ

Creative commons 表示 4.0

最近の様子過去の「様子」 | 過去の写真 総目次

2017-12-03

アカシデの紅葉 (写真)。

池にたたずむアオサギは静 (写真)。 いっぽう、水面から飛び立つカワウは動 (写真)。 はげしく水を蹴立てながら飛び立っていく。 飛ぶ姿(写真)。 くちばしから尾の先まで、きれいに一直線に伸びている (写真)。

9月の下旬に種子をまいたカブは、10月の低温傾向のためか成長が遅い。それでも どうにか根の上部が白く丸くなってきた。といってもせいぜい3,4センチというところ。 いわゆるカブの部分より新鮮な葉を食べるのが主目的で、一株抜いては朝の味噌汁の具に している。カブは葉のいたみが早いので、収獲から30秒で料理できるのはうれしい。

2017-11-30

先週末の写真を少し、今更ながら載せる。 池にマガモが来ていた (写真)。 少し前にはいなかったユリカモメも (写真1写真2)。 当たり前過ぎてなかなか撮らないし載せないスズメ (写真)。 鳥に貴賎なし。

先日、新国立美術館で開催中の 安藤忠雄展 に行ってきた。なかなか見応えがあった。 図面や写真だけでなく、動画や模型もたくさん展示されている。 模型を作るのは楽しそうだが、実際に巨大な建築物を作るのはかなり勇気がいる気がする。 できあがってみて失敗だったらと思うと、心配で胃に穴があきそうだ。 小心者の自分には無理だな。

2017-11-26

平日に休みをとって行ったつくば蘭展の写真をまだ載せていない。 連休には秋休みで温泉宿へ行ったが、こちらは載せるような写真を撮っていない。

一枚だけ、 買い物のついでによった公園で撮った池のようす (写真)。 太陽の光が反射してまぶしい。

2017-11-20

ふくらはぎの肉離れは順調に回復中。

むかしむかし、はじめて虫歯の永久歯を抜いた時だったか、永久歯が欠けたときだったか、とにかく 永久歯が損なわれたときに、これはもうもとには戻らないのだ、きれいな歯に生え変わったり しないとだと思ってショックを受けた記憶がある。 しだいにそんなことにも慣れた。いま、医者の手がはいっていない歯は一本もない。 そのほかにもいろいろ、加齢にともなうもの、怪我にともなうものなど今後元通りになる見込みがない 不具合が蓄積してきたが、生きてるあいだ、そこそこ動く体がもてばラッキーだ。

人間ドックで指摘されて受けた精密検査の結果は、問題なし。 老後にやりたいことはいくらでもあるのでありがたい。


過去の「様子」

※「様子」へのリンクは http://takenaka-akio.org/log/YYYY/MM.html#DD
例: 2003年9月16日なら …/log/2003/11.html#16

連絡先