目次  | トップ | 学会発表の心得 | 植物生態学・環境 | プログラミング | プロフィール | その他 |

| おすすめページ | このページについて |

竹中明夫のページ

Creative commons 表示 4.0

最近の様子過去の「様子」 | 過去の写真 総目次

2019-05-16

平日の昼間に外をうろうろするのにようやく慣れた。 はじめのうちは、なんとなく落ち着かなさとか後ろめたさとかが拭えなかった。 拘束されることに慣れきってしまっていた、ということだろうか。

アカガネサルハムシ (写真)。 めずらしいわけではないが、見つけるとうれしい。

エゴノキの花に来たシロスジヒゲナガハナバチ(写真)。 よく似たニッポンヒゲナガハナバチと区別するには、翅の脈を見ないといけない ( 参考)。何枚も撮って、 識別ポイントがしっかり写っているものを探す(写真)。

いくつか締め切り原稿があり、庭の手入れだの読書だの外出だののあいまに、ぼちぼち書いている。

ここしばらく、とあるシリーズ物の小説 (小野不由美、 十二国記)を読み返していた。 2001年に、このあとどうなるんだ、というところで終わったままになっている。 そのあとは番外編的な短編しか発表されていなかった。 それがなんと、この秋に続編が出るという。原稿用紙 2,500枚、文庫本4冊。 これで本編は完結するらしい。生きていてよかった。 何十年ぶりの○○に感動するには、それなりの時間、生きてきた歴史が必要だ。大人の楽しみ。

2019-05-11

10年足らず前、いやいやながら5年間だけ務めた管理職の最終年度、不整脈が始まったり、 急に難聴になったりした。負けていないつもりでも、体がストレスに負けたのか。 不整脈は今でも一日に2万発ぐらいある。 退職して一気に治ったりしないかとひそかに期待しているが、今のところは変化なし。 難聴は、特に低音が聞こえなくなり、洗濯機が回っているときも、チャプチャプという水の音は聞こえても モーターのゴーッという音は聞こえなかった。その後、さいわいしだいに回復した。 きちんと検査はしていないので、どこまで戻ったかは正確には分からない。 それでも音楽が楽しめるようにはなった。ありがたいことだ。

…というのが話の枕。 家のさまざまな環境整備のなかで、思いがけず脇道に逸れてPCオーディオに時間を使ってしまった。 最初、自分のメインのデスクトップPCで、少し音楽も聞けたら楽しいかなと思って 小さなUSB接続のスピーカーを買ってみた。そのまま聞いたり、イヤフォンをつけて聞いたり、 それはそれでうれしかったが、もう少しよい音で聞きたくなった。 ついついいろいろ勉強してしまい… で、その顛末を書いたらどんどん長くなったので省略。 最終的に アンプ ヘッドホン を購入し、再生ソフトは foobar2000を使用中。

2019-05-10

家の畑のカブの葉に、ナガメが産卵していた(写真)。 カブはじきに収穫するので、早く孵らないとこの葉の汁を吸うことはないだろう。

時々、打ち合わせなどでもとの職場に行く。そのたびに構内をカメラを持って歩くのが楽しい。 久しぶりに見たコチャバネセセリ (写真)。 花盛りのカマツカに、小さなアシナガコガネがいた (写真)。

退職してうれしいことのひとつは、昼間からいくらでも本が読めること。 ほかにもいくらでもやりたいことがあるし、家事や庭の手入れにもゆっくり時間をかけられるし、 暇を持て余すということはまったくない。

2019-05-07

世の中では10連休の終わり。静かな平日が戻ってきた。

いくつか原稿の締切があり、そうそうのんびりとばかりもしていられない。

庭のコウヤマキの芽吹き (写真)。 新葉の束が顔を出したところがおもしろい。 ツリバナの花が咲きはじめた (写真)。

庭の畑のカブが膨らみはじめた (写真)。 30株あまりあるので、 このぐらいからどんどん収穫して、葉ごと味噌汁の具などにする。

コリアンダーの花茎が伸びて花がさいた(写真)。 葉の収穫はもう終わりだ。 畑に数株だけ植えた水菜も花が咲いてしまった (写真)。 そこにナミホシヒラタアブが来ていた (写真)。 近縁なカメムシ2種、 ナガメ (写真) とヒメナガメ (写真)も。

2019-05-02

もはや連休中にやる必要はないのだが、なんとなく 連休中に庭の手入れをして、とついつい考えてしまう。 いろいろ低木が混み合っているところの整理をしていて、 無理な体勢でバールを使って抜根しようと力を入れたとき、 腰を少々痛めた。今まで何回も同じような失敗をしている。 懲りないことだ。

自由な時間が増えたのだから、このページでも新しいことをと思いつつ、 なにもできていない。焦ることはないので、ぼちぼち考えよう。


過去の「様子」

※「様子」へのリンクは http://takenaka-akio.org/log/YYYY/MM.html#DD
例: 2003年9月16日なら …/log/2003/11.html#16

連絡先