目次  | トップ | 学会発表の心得 | 植物生態学・環境 | プログラミング | プロフィール | その他 |

| おすすめページ | このページについて |

竹中明夫のページ

Creative commons 表示 4.0

最近の様子過去の「様子」 | 過去の写真 総目次

2020-11-24

朝食のあと、居間でヨーグルトを食べながら庭を眺める。そのころ、ちょうどヤマボウシの紅葉が朝日を受けて美しい (写真)。 こんな景色を日々楽しめるのはありがたいことだ。

野球のスコアブックの付け方は、人により記号の使い方がちがったりして統一されていない。 今年の4月に、全日本野球協会が推奨するスコア記法を整理した本 (amazon) が出ていたのに最近気づいた。 早速購入して勉強。 練習のため、日本シリーズ第3戦を録画しつつ、追いかけで再生しながらつけてみた。 1回の表、無死走者2塁から捕手前バントを捕って3塁送球、2,3塁間の挟殺プレイから走者は帰塁、 そのあと2塁に進もうとしていた打者走者を1,2塁間で挟殺、といういきなりややこしいプレイ。いじわる。 何度も再生してボールを扱った野手を確かめつつ記録する。そのあと、いろいろ書き間違いをしながら回が進むとともになじんでいく。 本で勉強しただけではだめで実際にやってみないと身につかないのはなにごとも同じだと、あらためて実感する。

ラジオの中国語講座のテキストで、壁に虫が貼り付いてる!殺虫剤取って来て!と大騒ぎするやりとりがあった。 自分ならまずカメラを持ってくるなと思った。

2020-11-21

家のヤマコウバシの紅葉 (写真)。 午後のやや赤みを帯びた陽の光で撮ってみた。

あんまり雨が降らないので久しぶりに畑に水やり。 畝が10本あり、それぞれがほぼ長さ4メートルほどで 幅は7,80センチほど。面積は約 3平方メートル。 外の水道につないだホースで水を撒く。はかってみたところ、 蛇口を前回にするとほぼ毎秒500ミリリットルほどの水が出る。 ここから計算すると、雨量10ミリ相当の水を撒くには、畝1本あたり ちょうど1分ほどかかる。1分というのは、けっこう延々と水をかけている 感じになる。雨のかわりをしようとすると、けっこう大変なものだ。 全面にふりそそぐ雨も太陽の光も偉大だと改めて思う。

コロナウイルス感染確認者数はなおも増え続け、茨城も最多を更新している。 土浦市、つくば市とも1日で10人以上。 今のところ減少に転じる理由はないので、この調子で増えていってしまうのか。

2020-11-20

家の居間の窓ガラスに、クサカゲロウの仲間がはりついていた。 たぶんオオクサカゲロウの1種(写真1写真2)。

今朝、ぱらぱらと雨が降ったが、アメダスの記録では降水ゼロ。 11月になってからの積算雨量はわずか11ミリだ。 夏と違ってたちまち畑が乾くということはないが、そろそろ降ってほしい。

2020-11-17

庭のキチジョウソウが花盛り (写真)。

葉上の朝露 (写真1写真2)。 こんな絵を見つけ出すのが楽しい。 探そうという目で探さないと見つからない。

コロナウイルス感染確認者数はなおも増えている。 すっきりしない日々が続く。


過去の「様子」

※「様子」へのリンクは http://takenaka-akio.org/log/YYYY/MM.html#DD
例: 2003年9月16日なら …/log/2003/11.html#16

連絡先


本サイトのすべての内容に、クリエイティブ・コモンズのCC BY (どのような利用も自由、適切なクレジットの表示のみを求める)を設定します。