目次  | トップ | 学会発表の心得 | 植物生態学・環境 | プログラミング | プロフィール | その他 |

| おすすめページ | このページについて |

竹中明夫のページ

Creative commons 表示 4.0

最近の様子過去の「様子」 | 過去の写真 総目次

2020-09-23

庭の畑に、見慣れない虫がいた。甲虫だということ以上は分からない。 写真を取って調べたらツチハンミョウ科のマメハンミョウ (写真)。 オサムシ科ハンミョウ亜科のハンミョウ (写真) とはまったく別のグループ。地中のバッタ類の卵塊のそばに産卵し、 孵った幼虫はバッタの卵を食べるのだとか。

2020-09-22

今日も居間の窓の昆虫館。オオカマキリがとまっていた (写真)。 頭部のアップ (写真)。 そしてもっとアップ (写真)。 触覚のつけねの間にあるのは3つの単眼。 頭の両側にある複眼のそれぞれに黒い点が見える。これは偽瞳孔と呼ばれ、人間の眼の瞳孔とは まったく別物だ。黒い点が「見える」のであって、「ある」のではない。複眼を構成する個眼のうち、観察者から見て ちょうど正面のものが奥まで覗き込め、黒く見えているだけ。どちらからみても、その時の正面の個眼が黒く見える。

カマキリは秋に産卵し、卵塊の状態で越冬する。成虫は冬を知ることはない。 短い生涯だとも思えるが、人間を基準に考えた相対的なものだ。 人間だってたかだか100年ぐらいしか生きないので、 数万年から10万年サイクルのの氷期・間氷期の変化を体感することはできない。

2020-09-20

家の居間から外を見ていると、ときどき窓の外側に虫が止まっているのを見つける。 きょうは小さなガ。トリバガ科の一種、たぶんブドウトリバ (写真)。 写真では見たことがあったが、本物ははじめて認識した。 ほんとにこんな翅なんだ。 前翅は細いし、後翅は軸に毛が並んでいるだけといった様子。 脚には棘があって、腹にも棘があるように見えるのは、腹の横にぴたっとつけた脚の棘。

去年より家にいることが多い分、庭に手をかけている。 畑の夏野菜はもはや空芯菜だけとなり、秋、冬の野菜の育苗や植え付けは だいたい終わった。 ブロッコリー、芽キャベツ、カリフラワー、 カブ。菜の花系は紅菜苔など3種類。葉物は春菊、サンチュ、 ホウレンソウ、ワケギなど。 すきまにコリアンダーやディル。 シマラッキョウとニンニクは来春の収穫を待つ。 九条ネギはいつの野菜ということはなく、ずっと葉を採って使っている。

2020-09-18

前にも載せたが、庭の外周フェンスにからんで咲いているシカクマメの花 (写真)。 莢(さや)(写真)を食べる 野菜だが、花の美しさも人目をひいて、散歩で通りかかった人にきれいですねと声をかけられたりする。 この花も食べられるらしい。試してみよう。

最近、ウラナミシジミをよく見る (写真)。 翅のウラを見ればたしかにウラナミだ(写真)。 越冬するのは関東以南の太平洋岸と、あとは南西諸島。夏には発生を繰り返しながら分布を広げ、北海道まで行くという。

足の裏の魚の目が歩くと痛いとか、両肩の痛み(五十肩というには10年遅い)とか、治療中の虫歯とか、 いろいろ不具合はあるものの、いろいろなことができるし楽しめる。日々是好日。


過去の「様子」

※「様子」へのリンクは http://takenaka-akio.org/log/YYYY/MM.html#DD
例: 2003年9月16日なら …/log/2003/11.html#16

連絡先


本サイトのすべての内容に、クリエイティブ・コモンズのCC BY (どのような利用も自由、適切なクレジットの表示のみを求める)を設定します。