目次  | トップ | 学会発表の心得 | 植物生態学・環境 | プログラミング | プロフィール | その他 |

| おすすめページ | このページについて |

竹中明夫のページ

最近の様子過去の「様子」 | 過去の写真 総目次

2016-07-20

庭で咲いているヤブミョウガ(写真)。 ツユクサに近い。うちの庭で、ちょっと花がきれいだからといって甘い顔をしているとはびこってしまう要注意種のひとつだ。

オニドコロの花(写真)。 近くで咲いているとにおいで分かる。

ヒメヤブランの花 (写真1写真2)。 ぱっと見たところジャノヒゲの園芸品かと思うが、野生種だ。

昔のことを思い出して、私より1世代若い人に聞くと、知りません、聞いたことありません、ということがよくある。 最近、郵便が届くのを待っている時に、Please Mr Postman の歌詞を思い出したときも同様。 原曲は 1961年でこれは知らないが、カーペンターズがカバーしてヒットしたのが1974年。 ということは今40歳の人は生まれていないのでしょうがない。 年寄りの話の聞き役には、若い人よりも年寄りがよいというのもうなずける。 とはいえ、同年齢集団で思い出話をしていても記憶の継承はできない。

2016-07-18

甲虫らしきものが飛んできて、ツバキの木のうえのほうに突っ込んだ。とても着地したとはいえない飛び込み方だ。 突っ込む寸前に、緑っぽい光が見えた。タマムシか。樹上でもぞもぞするうちに、下の枝に落ち、さらにもぞもぞしているうちに地面に落ちた。 果たしてタマムシだった(写真1写真2写真3)。 構造色が美しい。

2016-07-14

プチ・プレ夏休みの収穫。 マタタビが咲いていた (写真)。葉の一部が白くなって遠くからも目立つ (写真)。 バイカツツジは葉のかげでひっそり咲く (写真)。

湿原のノハナショウブ (写真)。 コバノカモメヅルはガガイモの仲間(写真)。 湿地沿いに咲いていた。 ヤマオダマキ (写真)。 この仲間の花の形はおもしろい。

黄色い花のホトトギスは、たぶんタマガワホトトギス (写真)。 ギンリョウソウは真っ白で、自分ではいっさい光合成をしない (写真)。

以上、まずは植物の写真から。 後日、虫も載せるかもしれない。

絵日記以外のことも書きたいと思うが、だらだらとは書きたくないし、コンパクトにまとめるのは時間がかかる。 そういえば、むかし「時間がないので、手紙が長くなる」とだれかが言ったそうな。 読まされるほうが大変だ。


| 過去の「様子」へ |

※「様子」へのリンクは http://takenaka-akio.org/log/YYYY/MM.html#DD にお願いします.
例: 2003年9月16日なら …/log/2003/11.html#16

| 連絡先 |