目次  | トップ | 学会発表の心得 | 植物生態学・環境 | プログラミング | プロフィール | その他 |

| おすすめページ | このページについて |

竹中明夫のページ

Creative commons 表示 4.0

最近の様子過去の「様子」 | 過去の写真 総目次

2018-09-18

月曜に腰を痛めた。よくあることで、重症度はこれまでのトップ10に入るがトップ3には入らない程度か。 運動中に痛めることもあれば、日常生活のなかでふとした拍子で痛めることもある。こんなものだと 思ってつきあうしかない。 2,3日するとしだいに快方に向かい、日常の動作が容易になっていくのが楽しい。 今回も同様の経過をたどるものと期待している。

今はまだ痛みのピークのようだ。昨日は、夕食の買い物のとき、パスタの棚の下のほうにあった 太さ 1.8ミリ、ゆで時間11分のスパゲッティを取ろうとして往生した。両手を膝について体を 支えながら上体を曲げることまではできたが、そこから右手を膝から離してスパゲッティを 取ろうとすると痛みが走り、あわてて膝に手を戻す。今度は左手で取ろうとするが、 やはり痛みが走る。もう一度右手、でもだめ。とりあえずまっすぐ起き上がることもできない。 その姿勢で30秒ぐらい佇み、何を買おうか考えているふりをする。自意識過剰だ。 最終的に、膝の曲げを組み合わせつつなんとかスパゲッティのピックアップに成功し、 さらに直立するところまでできた。かなり疲れた。

コブシの実に割れ目ができて、種が顔をのぞかせている (写真)。

もうずいぶん撮ったが、それでも撮りたくなってしまうアオイトトンボ (写真)。 成熟した雄の色合いが美しい。

2018-09-17

つくばの最高気温は30.1度。30度を越えたのは今月9日以来だ。それでも、 8月の猛暑を経験したあとでは暑さと呼ぶ気もしない。

今日は敬老の日か。自分も、もうすぐ老の範疇に入りそうな年齢になってきたことに驚く。

例年、シソは家の畑のどこかしらでこぼれ種から生えるので、わざわざ種を播くことはない。 今年も花をつけた(写真)。 雄しべの先、花粉が入っている葯がほのかに桃色だ。

トウカエデの翼果 (写真)。 うすい翼があり、くるくる回ってゆっくり落ちる。

ツリガネニンジン(写真)。 空間内の花密度が低く、全体を入れようとすると花はごく小さくなってしまう。 花をアップにすると他になにも写らない。この写真はまあまあのバランスか。

アオツヅラフジの実が色づいた (写真)。

2018-09-16

夏休みは、美術と建築と美酒・美食を楽しむプチ贅沢な旅。 そして日常へ戻った。 旅の途中、何度か橋に興奮した。構造的な合理性が生む形の美しさが見どころだ。

休みの2日目から、こじんまりした宿に3泊した。1日目の夕食時にまわりを見ると 20代から30代ばかりだったが、翌日からは年齢が多様化して安心した。 別に気にすることではないが。

2018-09-10

アカマツの未熟な球果 (写真)。 いわゆるまつぼっくり。

ネコハギが地味に咲いている(写真)。

明日から休みだが、まだ気持ちが盛り上がっていない。 旅立ては盛り上がるか。「休みをとる」のもふだん働いていればこそで、 もうあと何回もできない経験だ。しっかり味わわないと。


過去の「様子」

※「様子」へのリンクは http://takenaka-akio.org/log/YYYY/MM.html#DD
例: 2003年9月16日なら …/log/2003/11.html#16

連絡先