目次  | トップ | 学会発表の心得 | 植物生態学・環境 | プログラミング | プロフィール | その他 |

| おすすめページ | このページについて |

竹中明夫のページ

Creative commons 表示 4.0

最近の様子過去の「様子」 | 過去の写真 総目次

2018-12-14

しだいにいろいろお役御免となっていく。 その身軽さと一抹の寂しさと。寂しさゆえにしがみつくと、 往々にして迷惑な人になってしまうことを忘れないように。 スマートに去ることを心がけよう、ここに記して肝に銘じる、 みたいなことは前にも書いたような気がする。 これだけ書いたらしがみつけない。

必要があって、このところ冬芽の写真を撮っている。 今日も何枚か載せておく。 ニワトコの冬芽は大きくて丸々(写真)。 アカシデはしまっている(写真)。 ヤマウルシは芽鱗のない裸芽(写真)。 ユリノキはオブジェじみた感じがおもしろい(写真)。 コナラはいかにも質実剛健、実直そのものの冬芽という感じ (写真)。

2018-12-11

11日早朝のつくばの最低気温は -3.5度と、しっかり冬の冷え込みとなった。

冬芽シリーズ。 コブシ (写真)や ハクモクレン (写真)の冬芽は毛に覆われている。

ドウダンツツジ (写真)の冬芽はツンとしまった形。 当然、常緑樹も冬芽を作る。先がとがった芽鱗でつつまれた ユズリハの冬芽 (写真)。

DELLの即納モデルをネットで注文したら、2日後に届いた。なんと早いこと。 これで家にもしっかりした計算環境ができる。 今度の週末に、物理的環境(ケーブル配線)だの計算機内環境だのを整えよう。

2018-12-09

イタヤカエデの冬芽が、先月は黄色かった (写真)が、 寒さに当たったからか、アントシアンができて赤くなった (写真)。

この冬も風邪をひかずに過ごせるか。 たしかな予防効果が確認されているのは手洗いぐらいらしい。 ウイルスがついた手が口などに触れて感染するリスクを低下させるとのこと。

2018-12-05

今年の秋は温かいせいか、畑の作物たちはすこぶる元気だ。カブはしばらく前に収穫終わり。 ブロッコリーとカリフラワーは収穫中。わさわさと茂った葉物のほうれん草、春菊、わけぎ、 コリアンダーは、葉をかきながら食べている。

アカメガシワの冬芽は裸芽 (写真)。 鱗片はなく、葉の裏に密生する毛で守られている。 この葉が春になって広がり始めるとみごとに赤い (写真)。

色づいたアカシデの葉 (写真)。 尖った冬芽が見える。

2018-12-01

前の冬にハシビロガモが集まっていた池に行ってみたら、今年も来ていた (写真1写真2写真3)。 オナガガモも (写真)。 数は、一年を通じて常駐するカルガモたちが一番多い。池の縁に来た親子連れに驚いて飛び立ったところ (写真)。 動きのある写真は楽しい。

先週、家に光ファイバーを引き込む工事をした。地下を通そうとずいぶん試みるも果たせず、 途中に5メートルほとどのポールを立てて家に届かせた。これで定年後の快適な通信環境が確保された。 NTTの固定電話を解約し、地域のケーブルテレビが提供するネットとテレビと電話の一括契約となった。 キャンペーン中ということで工事費は無料。週末には自分で屋内のWiFi環境を構築。壁に穴を開けて LANケーブルを引き出し、その先の見通しがよいところにWiFiルータを設置した。 プロの工事を見たあとなので、こちらも見てくれがよいように、ケーブルカバーを買ってきたりして 作業する。楽しいDIY。あとは計算パワーのあるPCと、長時間デスクワークができる椅子の調達だ。


過去の「様子」

※「様子」へのリンクは http://takenaka-akio.org/log/YYYY/MM.html#DD
例: 2003年9月16日なら …/log/2003/11.html#16

連絡先