目次  | トップ | 学会発表の心得 | 植物生態学・環境 | プログラミング | プロフィール | その他 |

| おすすめページ | このページについて |

竹中明夫のページ

Creative commons 表示 4.0

最近の様子過去の「様子」 | 過去の写真 総目次

2018-07-16

庭の畑でナスやキュウリ、ピーマンに甘唐辛子などがどんどん採れる。 負けじとせっせと食べるのだが、それだけで腹がふくれると、 あきらかにカロリーが不足してしまう。豊作ダイエット。

ヤブラカシにオオメナガカメムシがいた(写真)。 体長は5ミリ前後のちいさなカメムシだ。

ヤブカラシの花は最初は雄しべがついている (写真)が、 ほどなく落ち、中央の雌しべが伸び、花の色は橙色からピンクに変化する。

最近、また齢を重ねた。年に1回重ねるに決まっているし、それがいつかも事前に分かっている。 分からないのは、あといくつ重ねられるかだ。 これまで、そんなに辛くも華々しくもない人生だったし、もはや若死にと言われる歳でもない。 ほどほどの中庸路線のようでありがたい。 あとは、自分のうっかりで人生を無駄に短くしないように気をつけよう。

2018-07-12

モリチャバネゴキブリ(写真)は、 家の中で見るチャバネゴキブリとは別物だ。あちらは外来種、

ツリアブの1種、クロバネツリアブ (写真1写真2)。 翅が美しいと思う。

マメコガネ (写真)は やたらと見かけるのでありがたみがないが、きらりと光る姿は悪くない。 日本在来ぴしゃま北アメリカに侵入して、農業害虫となっている。

2018-07-11

この前の冬に、なんとなく身体がたるんできたようだったので、 間食を控える、多少の筋トレをするなどしていたら、 体重は3キロほど減り(これはデータあり)、 腹筋のキレが少し目立つようになった気がする(これは印象)。

クズの花(写真)。 あたりに甘い香りが漂っている。 アキノタムラソウ (写真)はサルビアの仲間。 ガガイモの花が咲き始めた(写真)。

パタパタパタと迫力のない羽ばたきで舞っていた昆虫がクズの茎にとまった(写真)。たぶん、ウスバカゲロウの仲間のホシウスバカゲロウ (写真)。 もう一枚、頭部のアップ (写真)。 ウスバカゲロウの仲間は、カゲロウ目(目)とは関係ない、アミメカゲロウ目のなかのグループ。幼虫は いわゆる蟻地獄だ。 そういえば去年、近くでアリジゴクの罠を見た (写真)。

いつのまにか、締切とかお座敷準備とかが溜まってきた。気合を入れねば。


過去の「様子」

※「様子」へのリンクは http://takenaka-akio.org/log/YYYY/MM.html#DD
例: 2003年9月16日なら …/log/2003/11.html#16

連絡先