目次  | トップ | 学会発表の心得 | 植物生態学・環境 | プログラミング | プロフィール | その他 |

| おすすめページ | このページについて |

竹中明夫のページ

Creative commons 表示 4.0

最近の様子過去の「様子」 | 過去の写真 総目次

2019-01-15

この冬、 チャバネフユエダシャク(写真)や クロバネフユシャク(写真) がとまっていたあたりに、今朝は ウスバフユシャク(写真) がいた。 冬のガに好かれる場所だ。

夜、黒い服装で歩いている人はほんとうに見にくい。さらに、本人は手元をスマホを見ながら 歩いていたりする。車から見えにくく、本人も周りを見ていないとなると、 どれほど交通事故の確率が高くなるか。とても気になる。 自分では、暗い夜道を歩くときはライトを持って歩くようにしている。 せっかくこれから人生を楽しもうというときに、車に轢かれてなるものか。

2019-01-12

通常業務のほか、身辺整理的なことをしてみたり、 いっぽうで無所属になってもできる新しい仕事を引き受けたり。 なにかしら、世の中とのかかわりを持つのはよいことだろう。

正月にトラブルが生じた家の通信環境は、その後は安定している。 ネットが途絶すると世の中とのパイプがたちまち細ってしまう。 スマホでやりとりできることは限りがある。

総務省の調査によると、 中学生以上は、50歳未満までどの世代でもネット未利用者はほんの数%程度。 以降、50代92.4%が利用、60代で73.9%。70代でも5割近く。80歳以上になるとほぼ2割。 現在ほぼ100%使っている世代が、年をとってネットを使わなくなるとは考えにくいので、 遠からずどの世代でもほぼ100%となるのだろう。 高齢で物理的な移動が困難になるほど、ネットで外とつながっていることの ありがたみは大きいはず。

2019-01-07

職場の建物の入り口の壁にはりついていたガは、おそらくクロバネフユシャク (写真)。 真冬に出現するフユシャクの一種。 こちらは頭部のアップ (写真)。


過去の「様子」

※「様子」へのリンクは http://takenaka-akio.org/log/YYYY/MM.html#DD
例: 2003年9月16日なら …/log/2003/11.html#16

連絡先