目次  | トップ | 学会発表の心得 | 植物生態学・環境 | プログラミング | プロフィール | その他 |

| おすすめページ | このページについて |

竹中明夫のページ

Creative commons 表示 4.0

最近の様子過去の「様子」 | 過去の写真 総目次

2017-10-17

曇りの朝、 栽培のタイワンホトトギスで、ホバリングしながら蜜を吸うヒメクロホウジャク (写真)。 光不足でフラッシュで撮る。翅が止まって写った。 花から花へと移動しながら数秒ずつ吸蜜するのを追いかけながらカメラを向ける (写真1写真2写真3)。 ホウジャクは蜂雀と書くのだそうだ。 ハチのようなスズメガということらしい。どこがハチっぽいのかよく分からないが、 たしかに大方のチョウ・ガよりはハチっぽい飛び方だ。 なお、蜂雀をハチスズメと訓読みするとハチドリの別名らしい。

来週は人間ドック。やりたいことは山ほどあるので、できれば長く健康な老後を過ごしたい。 たぶん問題ないけど精密検査を受けておくと安心ですと言われ続けて8年たった項目も、 今年こそは再検査を受けるべく、11月の自分の予定を睨み、受診候補日を用意したうえで臨む。 この8年で手遅れになっていないとよいが。

2017-10-16

先週からずっと、カメラを持って外を歩くような天気ではない。 ちょうど一年前には、ずいぶん写真を撮っている ( 2016年10月16日の様子)。 その日に撮って、まだ載せてなかった写真を一枚。キタキチョウ (写真)。

まだしばらく梅雨のような天気が続くようだ。

2017-10-12

セイタカアワダチソウに来た虫の写真の追加。 たぶんキンケハラナガツチバチ (写真)。

文章はなるべく分かりやすいのがよいと思う。 とはいえ、すべて明快に説明し尽くした文章には味わいはないかもしれない。 芭蕉も「言ひおおせて何かある」と言っている。 もちろん文章の目的による。家電の取扱説明書の文章に、深みや余韻を求める人はいない。


過去の「様子」

※「様子」へのリンクは http://takenaka-akio.org/log/YYYY/MM.html#DD
例: 2003年9月16日なら …/log/2003/11.html#16

連絡先