目次  | トップ | 学会発表の心得 | 植物生態学・環境 | プログラミング | プロフィール | その他 |

| おすすめページ | このページについて |

竹中明夫のページ

Creative commons 表示 4.0

最近の様子過去の「様子」 | 過去の写真 総目次

2018-10-21

キヅタの地味な花 (写真)。 花のところどころに見える小さな黒い点は、拡大してみると腹部が黒いヒメアリのようだ (写真)。 体調は2ミリ足らず。

キタテハ (写真)。

ハエトリグモの目は魅力的だ。 (写真) なかなか背中を見せてくれなかったが、なんとか撮った 写真 で絵合わせしたところ、 マダラスジハエトリの雌らしい。

ツバキの実が割れて、なかの種子が顔を出した (写真)。 この種子の中身を蒸したり煮たりしてから絞ると、ツバキ油が採れる。

いくつか用事を済ませるために、平日の午後に休みを取ってあちこち動いた。 意外なほど人がいたのが印象的。昔の学園都市は、平日の日中は本当に人がいなかった気がする。 人口が増えた効果、周辺から人が出かけてくる効果、人員構成が多様化した効果だろうか。

2018-10-19

いろいろな実が見られる季節。 シラカシのどんぐり(写真)やら、 エノキの実(写真)やら。 ニシキギの実も割れて、赤い仮種皮に包まれた種子が顔を出す (写真)。

先日、映画館で映画を見るのに、一般の入場料が 1,800円のところ、60歳以上はシニア割引で 1,100円と あった。700円も安い。また、日本の総人口のうち60歳以上が占める割合は、現在ほぼ 1/3。 このあともしばらくは上昇が続き、やがて4割を越す予想だ。 割引率が大きいうえに、こんなに大勢にサービスしてしまってよいのかとも思うが、 市場の掘り起こしの効果が、客の単価を下げる効果よりも大きくなるように計算しているのだろう。 私はどのみち見るつもりなんだけどと思いつつ、ありがたくシニア割引でチケットを購入した。

2018-10-14

腰は9割回復といったところだ。日常生活には支障はない。 あとはスポーツで無理な負荷をかけないようにセーブすること。

地味な実を2種。ヒノキの球果 (写真) に、オオバヤシャブシの果穂 (写真)。 どちらも地味だけれど、デザインとしておもしろい。

シャリンバイの実に、アキアカネが飛んできて止まった(写真)。

定年後、自由な時間を何年楽しめるだろうか。 父親を見ていると、あと少なくとも30年は楽しめそうな気がしてくる。 もちろんその前に早々に病気で幕が降りてしまうかもしれないが、 少なくとも可能性はあると思うと気分がよい。


過去の「様子」

※「様子」へのリンクは http://takenaka-akio.org/log/YYYY/MM.html#DD
例: 2003年9月16日なら …/log/2003/11.html#16

連絡先