目次  | トップ | 学会発表の心得 | 植物生態学・環境 | プログラミング | プロフィール | その他 |

| おすすめページ | このページについて |

竹中明夫のページ

Creative commons 表示 4.0

最近の様子過去の「様子」 | 過去の写真 総目次

2019-04-22

3日間おとなしくしていたら、脚は通常の歩行には問題ないところまで回復した。 焦らずに、ゆっくりリハビリ。

退職後3週間たった。いまだにあれやこれやの整理だの、時間ができたらやろうと 思っていたあちこちの手入れだの、やはり時間ができたらと思っていた医者での 検査だのいろいろある。あわただしいような、でも自由なのは確かだ。 今日はまだ終わらない書棚の整理、落ち葉と土に埋もれていた庭の踏み石の掘り出し、 先週の土曜に届いたノートPCのセットアップなど。 ノートPCは、持ち歩く気がする軽いB5サイズのもの。

先週の金曜日、久しぶりにもとの職場に行った。 あらためて、ここは自然が豊かだと感じた。 土手にたくさん咲いているフデリンドウを見ながら本館に向かって歩いていたら、 なにやら黒っぽいものが動いた。 すぐにザックからカメラを取り出して近寄ったら、オサムシの1種 (写真1写真2)。 渋めのメタリックな輝きが美しい。

カメラを出したついでにリンドウ (写真) も撮る。たくさんのリンドウのあいまにヒメハギを見つけた (写真)。 花は1センチにぜんぜん満たないし、植物全体もせいぜい数センチ。 それだけに見つけるとうれしい。この花のデザインはおもしろい。

2019-04-19

しばらく前から右の大腿四頭筋に少し痛みはあったが、 無理して走っていたらしっかり傷んだ。当面、走るのは がまんして、痛みがおさまってきたら歩くことから。 こういう失敗をこれまでどれだけ繰り返してきたことか。

2019-04-18

家の近くの大通りの歩道沿いをカメラを持って歩いてみた。 舗装の隙間に、スミレ (写真) やアリアケスミレ(写真) が毎年まとまって咲いているところがある。 ゆっくり写真を撮ったことはほとんどなかった。

キク科のノボロギク (写真)や ノゲシ (写真)は どうちらも外来種。ノゲシは古くに日本に入った史前帰化植物とされている。 地味なイネ科はイヌムギ (写真)。 南アメリカ原産の外来種。 舗装していない駐車場にはマツバウンランが群生していた (写真)。 北アメリカ原産の外来種。 オランダミミナグサ(写真)はヨーロッパ原産。 ほんとうに外来種だらけだ。

キュウリグサ(写真) やトウダイグサ(写真) は日本在来。

2019-04-16

朝、家のデッキでヨーグルトを食べていたとき、目の前にツマキチョウが止まっているのに気が付いた(写真)。急いでカメラをとってきて撮影。 自分としては初撮影だ。久しぶりにちょっと興奮した。

片道3キロ余りの医者まで歩いて往復したり、同じく1.3キロのスーパーに買い物にいったり、 夕方に5キロ余り走ったり。よく脚を使った一日だった。 時間的な効率を考えなくてよくなったので、あきらかに退職前よりも脚を使っている。


過去の「様子」

※「様子」へのリンクは http://takenaka-akio.org/log/YYYY/MM.html#DD
例: 2003年9月16日なら …/log/2003/11.html#16

連絡先